四阿山

2004年1月31日(土)
天気:
メンバー:T
行程:あずまや高原ホテル 9:05 …四阿山(2354m) 12:30 …あずまや高原ホテル 14:30

昨年の冬にテレマークで根子岳に登ったので、次は四阿山である。桐生を6時に発って3時間ほどで登山口のあずまや高原ホテルに到着。登山者用無料駐車場(さすが百名山)があり、そこにありがたく駐車させてもらう。ホテルはなかなか瀟洒な建物で、前に巨大な氷柱がある。

*
登山口のあずまや高原ホテル

*
牧場から四阿山
頂上は雲の中

登山口からしばらくは林間で、これを抜けると牧場の広大な雪原に出る。行く手に四阿山が見えるが、上の方は速い雲の流れの中である。牧場を過ぎ、夏道をショートカット?してシラカバ林の中をトラバースしていく。ここは風が当たらなくて気分は良かったが、主稜線に近くなってくると、風でガリガリの雪か、吹き溜ってふかふかか、のどちらかで歩きにくい。シールも滑りがあまり良くなくて結構疲れて来る。

頂上への最後の登りは少し狭くなった雪稜。今日登るは私が最初らしく、ほとんど消えたトレースを辿る。頂上は細長く、両側は急峻な雪の斜面で、落っこちるとはい上がれないだろうなー、などと考えつつ、雪庇の陰で風を避けてパンの昼食をとる。そうこうしているうちに、単独行のおじさんばかり3人ほど上がって来た。そのうちの一人の方に頂上をバックにして撮ってもらったのが右下の写真。

*
四阿山へ最後の登り

*
頂上の祠をバックにして記念撮影

帰りの滑りは雪が重たくて全然歯が立たない。牧場まで下ってきて、雪が少し軟らかくなったところでようやく細かくテレマーク・ターンを決めて、ささやかな自己満足に浸る。下山して、あずまや高原ホテルの温泉に入る(1,000円)。露天風呂もあり、浅間山の眺めがいい。冷えきった手先足先をゆったりと湯舟の中にのばす。うーむ、と・ろ・け・る・た・ま・し・い(by B'z)。


あにねこ登山日誌 © 2004 anineco.org