羅漢寺山・兜山・棚横手山

2019年3月29日(金)〜31日(日)
メンバー:S,S,T

年度末の金曜日に休暇を取り、週末と合わせ2泊3日で石和(いさわ)温泉に宿泊して、周辺の山梨百名山3座に登ってきました。

御岳昇仙峡〜羅漢寺山

3月29日
天気:
行程:県営無料駐車場 13:10 …仙娥滝 13:40 …仙娥滝駅 14:00 =🚠= パノラマ台駅 14:10 …羅漢寺山(1058m) 14:25〜14:30 …パノラマ台駅 14:45〜15:00 =🚠= 仙娥滝駅 15:10 …県営無料駐車場 15:40
ルート地図 GPSのログ(赤:往路/復路、橙:索道)を地理院地図に重ねて表示します。

温泉旅行初日の金曜日は、S&Sを車に乗せて横浜の実家からのんびり出発。相模原ICから圏央道、中央道を走って甲府昭和ICで高速を降りる。今日は御岳昇仙峡を探勝し、昇仙峡ロープウェイを上がって羅漢寺山に登る計画だ(なお、後で気付いたが、昇仙峡へ行くには双葉スマートICが最寄りだ)。昇仙峡は1982-1983年の年末年始で岩下温泉に宿泊した際に観光で訪れているが、大昔のことで記憶が薄いので、また行ってみることにした。

まず、昇仙峡入口の長潭(ながとろ)橋袂の渓水館というそば処に立ち寄って昼食を摂る。ここで昇仙峡の地図を貰い、渓谷沿いの車道を車で進む。この道は通常、車両の通行が規制されているが、今日は観光シーズン外の平日なので通行可。他に通る車は見ないが、歩いている人はそこそこ居て、外国人観光客の団体などともすれ違う。

一旦、グリーンラインに上がり、県営無料駐車場に車を置いて、徒歩で仙娥滝に向かう。ここから仙娥滝までが昇仙峡の中心部で、観光客もグッと増える。白い花崗岩の岩場を鏤めた羅漢寺山を仰ぎつつ、渓流沿いの道に戻る。

*
長潭橋・渓水館

*
県営無料駐車場付近から
羅漢寺山を仰ぐ

車道の終点から巨石が累積する渓流沿いの遊歩道に入る。右には天狗岩の岩壁が迫り、前方に覚円峰の岩峰が聳立する。昇仙峡の代表的な景観で、直に見るとなかなかの迫力。

*
天狗岩と覚円峰(奥)

*
覚円峰を仰ぐ

*
巨石累々の渓流

*
石門

石門を潜り、昇仙橋を渡ると、仙娥滝が現れる。大岩壁を割って深く広い釜に豊富な水量を落とし、豪快かつ優美な滝だ。

*
昇仙橋

*
仙娥滝

右岸の石段を登って滝上に出ると、水晶を売る土産物屋が建ち並ぶ。水晶も綺麗で目を引くが、何故かメタルクラフトのエイリアン像とプレデター像があり、良く出来ていて一番目を引かれる。

*
滝上の土産店エリア

*
土産物店頭のエイリアン

仙娥滝の上流は、ここまでとは打って変わって、穏やかな流れとなる。土産物街を歩いて昇仙峡ロープウェイの山麓駅(仙娥滝駅)に着き、往復の乗車券(1300円)を買って、ロープウェイに乗り込む。日中は20分間隔で運転しており、ちょうど14:00発の便に乗れた。乗客は10人程。車窓から振り返ると荒川ダムや、その奥にこんもりと盛り上がる中津森が眺められる。

*
上流の穏やかな渓流

*
昇仙峡ロープウェイ仙娥滝駅

*
搬器から荒川ダムと中津森を望む

*
パノラマ台

ロープウェイの山頂駅はパノラマ台と呼ばれ、南面の甲府盆地に向かって展望が開ける。今日は霞がかかって、残念ながら富士山までは見えない。なお、すっかり記憶から消えていたが、記録によると前回もロープウェイでここまで来て、その時は富士山を眺めている。山梨百名山の羅漢寺山の標識が立っているが、最高点はここから15分程の距離にある弥三郎岳なので、往復して来よう。

*
羅漢寺山(弥三郎岳)へ
花崗岩の尾根道を辿る

*
羅漢寺山頂上の岩場

所々に花崗岩が露出し、風化した白砂に覆われた稜線上の登山道を歩く。S&Sはお疲れなので、次の小ピーク(展望台)で引き返し、私だけ先に進む。弥三郎岳はちょっとした岩峰となり、短い梯子や階段で花崗岩の岩場を登る。お酒の神様を祀る弥三郎権現の小さな祠を過ぎ、岩場に刻まれたステップを登って、弥三郎岳頂上の岩頭の上に立つ。

頂上の先は昇仙峡に向かって切れ落ちて、なかなか高度感がある。眺めも良く、南には羅漢寺山から派生する白砂山、西面には台形に盛り上がる太刀岡山や、その奥の茅ヶ岳、曲岳、黒富士あたりの山々が眺められる。

*
羅漢寺山から白砂山を望む

*
羅漢寺山から茅ヶ岳(左奥)
太刀岡山(中央手前)を望む

一通り展望を楽しんだのち、パノラマ台駅に戻り、15:00発のロープウェイで下山。さらに往路の昇仙峡遊歩道を歩いて駐車場へ戻る。昇仙峡と羅漢寺山は観光地ではあるが、花崗岩の渓谷と岩峰の景観がなかなか見事で、楽しめた。

*
昇仙峡ロープウェイパノラマ台駅

*
夕食の前菜とビール

今回の宿は石和温泉にある「石和名湯館糸柳」。石和温泉駅に近く、田園の中に建つ近代的な宿だ。温泉へ浸かったのち、夕食のご馳走を頂く。メインの鯛のしゃぶしゃぶや和牛溶岩焼きの他に大変品数が多く、かつ、一つ一つがどれも美味しくて、食事を堪能した。

兜山

3月30日
天気:
行程:兜山登山口駐車場 10:20 …岩堂峠分岐 11:05 …兜山(913m) 12:20〜12:55 …兜山登山口駐車場 13:55
ルート地図 GPSのログ(赤:往路、青:復路)を地理院地図に重ねて表示します。

温泉旅行2日目。朝食のバイキングも、一回では制覇できないほど品数が多く、かつ美味しい。今まで泊まった宿の中でも、ピカイチに食事が美味しい宿と思う。

さて、今日は宿から近い兜山に登る。この山も岩下温泉に泊まったときに登っているのだが、トンと記憶にない(^^;)。当時はマイナーな山であったが、1997年に山梨百名山に選定されたこともあり、今では登山口に駐車場が設けられ、良い登山道が通じているらしい。

R140の旧道を北に向かい、「春日居小学校北」交差点を左折。R140のバイパスのガード下を潜り、果樹園が拓かれた斜面をジグザグに登って、春日居ゴルフ倶楽部の手前で右折。山腹をトラバースする林道に入る。既にだいぶ高度を稼いでいて、甲府盆地を見下ろす眺めが良い。尾根を回って谷に入ると、兜山登山口駐車場があり、ここに車を置く。既に車が5台程あり。WCや案内看板もあって、事前情報の通り、良く整備されている。

*
兜山登山口駐車場

*
山腹コース分岐その一

登山口から渓流に沿って未舗装の林道を辿る。今日は雲が多い天気で、谷間の道はちょっと薄暗くて寒々しい。途中で兜山に直登する山腹コースを右に分ける。このコースは急そうなので、復路で下りに使う予定にしている。なおも谷間の林道を緩く登る。この道は岩堂峠を越えて積翠寺に抜けるハイキングコースで、前回も歩いている。途中にはマツダランプの道標があり、古くから歩かれていることを偲ばせる。

*
年代物の道標

*
山腹コース分岐その二

再び山腹コースを右に分け、広い伐採斜面を見上げながら林道を辿る。やがて林道の終点に達し、岩堂峠への山道を左に分ける。兜山は右の山道へ。浅い窪を上がり、それから小尾根を辿ると稜線上に登り着く。

*
岩堂峠分岐

*
浅い窪を緩く登る

ここから稜線上の登山道を辿って兜山の頂上に向かう。ゆるゆると登ると露岩の多い稜線となり、標高990m地点を越える。このピークは兜山(標高913m)より高いが、樹林に覆われて展望はなく、標識の類もない。

*
稜線に登り着く

*
990m地点への登り

稜線を緩く下り、左に夕狩沢に下る落ち葉に覆われた道を分ける。その先に少し進んだところが兜山の頂上だ。三角点標石のほか、山梨百名山の山名標柱とベンチがある。樹林に囲まれて展望はないが、すぐ先に展望台があるらしい。行ってみると南面の樹林が切り開かれて甲府盆地の眺めが広がる。ベンチもあるので、ここで休憩。昼食のパンを齧る。

*
夕狩沢分岐

*
兜山頂上

*
頂上の少し先の展望台

*
展望台から甲府盆地の展望

帰りは最短コースをとって山腹コースを下る。露岩の多い小尾根の急降下は、階段が整備されているので歩き易いが、ここを登ったら一汗かくだろうな。ひとしきり下ると山腹をトラバースする道となり、程なく林道に出る。駐車場へは僅かな距離だ。

*
最短コースを急降下

*
往路の林道に降り着く

兜山の登頂は2回目であったが、再訪しても全然思い出さなくて、我ながらびっくり。まあ、それだけ地味な山ゆえということにしておこう(^^;)。その分、新鮮な感覚で山歩きができたのは良かった。

棚横手山

3月31日
天気:
行程:大滝不動尊駐車場 14:20 …大滝不動尊 14:30 …林道に出る …稜線に出る …棚横手山(1306m) 15:00〜15:05 …大滝不動尊駐車場
ルート地図 GPSのログ(赤:往路、青:復路)を地理院地図に重ねて表示します。

温泉旅行3日目の最終日は、どの山を歩こうか。山梨百名山で宿のすぐ近くにある大蔵経寺山は急そうだし、帯那山は林道が冬季通行止め。要害山は行程が軽過ぎる。いろいろ検討した結果、勝沼の東にある棚横手山に登ることにする。

R20を東進し、勝沼から扇状地の斜面を上がって、大滝不動尊奥宮への車道に入る。この車道はガードレールもなく急峻な山腹を大きく切り返して、グングン高度を上げる。予想以上に険しい山だ。ヤマレコで読んだ棚横手山のレポに、冬に登った際、この道の路面が凍結していて、行き帰りの運転が一番怖かった、というものがあった。さもありなむ。

大滝不動尊の駐車場には駐車が1台。WCあり。車道はこの先にゲートがあり、冬季通行止めとなっている。谷間に朱塗りの立派な山門(仁王門)が建ち、大滝山と記された扁額が掲げられている。

*
大滝不動尊駐車場

*
仁王門

仁王門を潜ると、その奥には急傾斜の参道石段が一直線に続く。石段の脇はこれまた急な岩盤に一筋の水が流れる沢で、前滝と呼ばれている。石段を登ると、頭上に陽に照らされた大岩壁が現れ、その中央部を水が流れて帯状に黒く光る。これはなかなか凄い滝だ。この滝は雄滝(男滝)といい、落差140mと称している(甲州市観光協会HP)。石段を登り切ると、雄滝を背にして、大滝不動尊の新しく朱も鮮やかな本堂が建つ。雄滝は水量は少ないが、見上げるように高くて威圧感がある。これは一見の価値あり。

*
参道石段と前滝

*
大滝不動尊本堂と雄滝

本堂右脇から沢を渡り、急斜面を登る登山道に入る。弁財天の鳥居の前を通り、御天狗橋という(多分、平成26年豪雪で)ひしゃげた鉄橋を渡る。橋の上流には岩壁を濡らしたような髪洗滝があり、滝の基部には僅かに雪が残っている。

*
弁財天

*
髪洗滝

急斜面のジグザグ登りは天狗堂の古びた堂までで、ここから山腹をトラバースするほぼ水平な山道となる。金界坊の新しい堂の前を通り、さらにトラバースすると未舗装の林道に出る。

*
天狗堂

*
金界坊

林道を右に行けば甲州高尾山。棚横手山へは林道を左へ辿る。途中、杉林の切れ間から大滝不動尊を俯瞰して雄滝の全貌を拝めるビューポイントがある。

*
林道に出る

*
林道から雄滝と不動尊を俯瞰

しばらく林道を辿り、道標にしたがって再び山道に入る。緩く登ると、カヤトとなって展望が開けた稜線に着く。S&Sはお疲れなので、この辺りで待つことになり、私だけ棚横手山を往復する。

*
林道から山道に入って緩く登る

*
明るい稜線に出る

このカヤトは、山火事跡地に広がったものとのことだが、開放的で気分が良い。行く手には、そう遠くないところに棚横手山の頂上が見える。展望を楽しみながら稜線を登る。振り返ると登ってきたカヤトの稜線の向こうに御坂山地が連なる。

*
棚横手(右奥)を仰ぐ

*
棚横手への登りから御坂山地を遠望

途中、林道を横断して再び稜線上の山道を登る。左(西)には甲府盆地を俯瞰し、南アルプスを遠望する。

*
林道を横断

*
甲府盆地を俯瞰する

短い急坂を登って、山梨百名山の山名標柱の立つ棚横手山の頂上に着く。稜線の途中のような場所で、あまり頂らしくないが、展望は良い。御坂山地の向こうには頂を雲に隠した白い富士山が見える。数組のハイカーさんが休憩中で、なかなか人気のある山だ。

*
棚横手山頂上

*
棚横手山から富士山方面の展望

昼食のパンをササッと腹に入れたのち、引き返してS&Sに合流し、往路を駐車場に戻る。青空が広がり、雄滝に陽が当たっているので、また写真を撮る。いい滝を見ました。

*
帰り道で再び雄滝を望む

*
勝沼ぶどうの丘

帰りは勝沼ぶどうの丘に立ち寄る。甲府盆地で有数の観光地とあって、観光客で賑わっている。自分用の土産に2018年産の赤白のワイン(シャトー勝沼製)を1本ずつ買ったのち、横浜への帰途についた。

参考ガイド:アタック山梨百名山―実践コースガイド(2010年刊、山梨日日新聞社)


あにねこ登山日誌 © 2019 anineco.org