高旗山・妙見山

1999年1月1日(金)〜2日(土)
メンバー:S,S,T

1999年の正月は福島県郡山郊外の源田で過ごし、付近の里山に雪を踏んで登って来ました。

12月31日、横浜から郡山南ICを経て源田温泉へ。小雪がちらついている。源田温泉は正面が最近新築された建物できれいだ。夕食の鯉こくが美味かった。

1月1日
天気:時々
行程:源田温泉 9:30 …高旗山(968m) 11:30 …源田温泉 13:30

元旦、宿から出ると気温2℃。風が強い。うっすらと積もった雪が渦を巻いて舞っている。林道をてれてれ登って登山口へ。道標と看板がある。ここから山道となり、山頂へは1.6km。100mおきに標識がある。途中、山腹を巻く所に水場がある。

登りという程の登りもなく、鳥居をくぐると頂上に到着。宇奈己呂和気神社の石祠が祀られている。小広い山頂は寒風がピューピュー。眺めが良いが、遠くは雪雲の中だ。明日登る予定の妙見山の丸い山容が見えた。宿へ往路を戻る。

*
源田温泉熊田屋

*
一等三角点のある高旗山山頂

1月2日
天気:
行程:石の鳥居 …妙見山(777m) …石の鳥居

源田温泉を車で発って南下。長沼街道沿いの下豊舘バス停からちょっと戻った所より砂利道に入る。要所の道標に従って進み、石造りの鳥居に車を置く。この先も車で行けそうだが、歩くことにする。

自然林の中、山腹を巻きながら緩く上がって行くと、鳥居のある広い鞍部に出る。ここから妙見山のピークに取り付き、山腹を巻くようにして幅広い山道を登る。サラサラ純白の雪を登ることしばし、飯豊和気神社の立派な社殿のある山頂に到着。樹林に囲まれて展望は少ないが、社殿裏手の三角点のある場所から、昨日登った高旗山が見えた。往路を戻る。登り1時間ちょっと、下り1時間の行程だった。


あにねこ登山日誌 © 2006 anineco.org