ゆうすげの道(榛名)

2008年8月12日(火)
天気:
メンバー:T

12日からお盆休みに入りましたが、次の日は所用があるし、前回の山歩きでは遠出をしたので、今回は近い所へ日帰りで。石塚さんちのホームページの先月のおでかけ記録「伊香保森林公園:二ツ岳〜オンマ谷」で冷気漂うオンマ谷風穴の写真を見て、涼んでみたくなったのと、ユウスゲが見頃とのネットの情報を得て、榛名山に出かけて来ました。

最初は朝6時に出発して、水沢山〜二ツ岳〜相馬山〜ゆうすげの道と歩く予定でしたが、当日寝坊したので6(^^;)、ドライブ&ゆうすげの道散歩に切り替えて、ついでにこれも気になるスポットの船尾滝(ふなおたき)、もうひとつの風穴のワシノ巣風穴、展望絶好という臥牛山(ねうしやま)に立ち寄って来ました。

11時少し過ぎにのんびり出発。まずはうどんで昼食にしようということで、水沢の大澤屋に入る。店内は家族連れやカップルで賑わっている。楓セット(舞茸天ぷら付ざるうどん)を注文。腰があってつるつるの麺とボリュームのある舞茸天ぷらがうまーい。

腹拵えののち、近くの船尾滝に向かう。駐車場からさらに車道(車両通行不可)を奥に進み、道標に従って石段から山道に入って僅かで沢を渡る橋に出る。ここが終点で、この先は落石多発のため立入禁止になっている。落差72mという船尾滝はまだ奥で全容は見えないが、見事な直瀑だ。

駐車場に戻って車で移動。富士見峠を経由して伊香保森林公園に向かう。管理棟の少し先に「ワシノ巣風穴 50m →」の道標があり、路側に駐車して行ってみると、おおっ、何やら涼しい。ベンチのあるミニ公園の一角に人が屈んで入れるくらいの横穴があり、中から冷気がかなりの勢いで吹き出している。穴の中に入ると強力なエアコンをかけた部屋のように涼しい、というか寒かった。

*
船尾滝

*
ワシノ巣風穴の中より

伊香保森林公園から車でヤセオネ峠に移動し、峠の小さな駐車スペースに車を置く。「臥牛山 → 20分」という新しい道標がある。一応、山歩きなので、登山靴に履き替えて出発。最初は平らな道だが、尾根に上がると段々痩せ尾根になり、露岩のある臥牛山の頂上に着く。頂上からは水沢山、二ツ岳、相馬山にかけての眺めが良い。小さいが意外といいピークだ。榛名富士と烏帽子ヶ岳の方向も遮るものがないが、今日は水蒸気が立ちこめてシルエットしか見えなかった。

*
ヤセオネ峠の臥牛山登山口

*
臥牛山頂上より相馬山

車に戻り、ゆうすげの道の入口に移動する。現在、時刻は16時ちょっと過ぎ。ユウスゲは夕方から咲く花だそうなので、ちょうど良い時分かな。榛名湖への道から松之沢峠への道に左折すると、すぐに駐車場がある。ユウスゲを見に大勢の人が訪れているが、混雑するほどではない。乾燥した湿原の中を、木道で一周することができる。ユウスゲは期待通り見頃で、レモンイエローの花がたくさん咲いていた。オオバギボウシやマツムシソウも多い。

*
ゆうすげの道入口

*
ユウスゲ(1)

*
タカトウダイ

*
ウツボグサ

*
マツムシソウ(1)

*
オオバギボウシ

*
ワレモコウ

*
ユウスゲ(2)

*
ゆうすげの道より相馬山

*
磨墨岩を背景にしてクルマユリ

*
マツムシソウ(2)

*
オミナエシ

45分程かけて、のんびり遊歩道を一周する。陽が傾き始めて赤みが差した空の下、夕涼みをしながらポワッと咲いているユウスゲの花を見ながら歩くのは、なんとも気持ちが良かった。

最後は榛名湖で日帰り入浴。ゆうすげ元湯には入ったことがあるので、今回はレークサイドゆうすげに入る(400円)。浴室と湯船は狭いが、窓から榛名湖が一望出来るのがグッドでした。


あにねこ登山日誌 © 2008 anineco.org