立岩〜荒船山

2004年12月19日(日)
天気:
メンバー:T
行程:線ヶ滝 7:15 …西立岩(1265m) 8:30 …毛無岩への分岐 9:30 …行塚山(1423m) 9:55〜10:10 …艫岩 10:40〜11:45 …星尾峠 12:25 …威怒牟畿不動 13:25〜13:35 …線ヶ滝 14:00

今年は冬の訪れが遅く、雪が少ない。冬の西上州の山々は岩場が凍結すると怖そうだが、この分ならばまだ大丈夫。ということで、立岩の岩峰を経由して荒船山に登ってきました。

天気は下り坂との予報なので、少し早めの朝5時に桐生を車で出発。上信越道下仁田ICから南牧村に入り、急斜面に民家と畑が点在する山村を縫って走る。立岩山麓の大上の集落に入ると、見上げる立岩の岩峰に朝日が当って赤く染まっている。天気は当面良さそうだ。

登山口の線ヶ滝は大上の集落を抜けてすぐ。夜明け直後の7時に到着。車道終点の路肩に車を置く。まだ他に車はない。線ヶ滝は帰りに見ることにして、登山開始。すぐに星尾峠への道を分けて立岩への直登ルートに入る。

立岩の基部を目指して登ると、林の上にのしかかるように岩峰が聳ち、どこをどう登るのか、ちょっとワクワク。ルンゼ状のガレを登り、岩壁に斜めについたバンドを鎖場で上に出る。意外と広い雑木の尾根だが、横に寄ると大絶壁の上で、山麓の集落が足元だ。

麓から1時間ちょっとの登りで最高点の西立岩山頂に到着。行く手の荒船山の山頂は次々と流れて行く寒そうな雲の中にある。

*
立岩の岩峰群を見上げながらの登り

*
立岩山麓の大上の集落

*
西立岩山頂

*
立岩から毛無岩(中央)

西立岩の次のピークも毛無岩方面の展望が良い。尾根を北へ辿る。途中、細い岩稜上の鎖場の登りがあるが、階段状なので問題ない。左に威怒牟畿(いぬむき)不動へ下る一般登山道を分け、そのまま直進して、尾根を辿る荒船山への踏み跡に入る。

ちょっと急登で荒船山〜黒滝山の稜線に出る。ここからは木の階段があったりして、かつては整備された道のようだが、最近はあまり歩かれていないのか、一部に少し深いササ藪がある。しかし、これで一度、黒滝山まで歩いてみたくなった。

荒船山最高点の行塚山は、台地の上の一突起というイメージがあったが、こちらから登ると意外と登りでがあり、急登で山頂に飛び出す。樹林に囲まれて展望は木の間越しのみだが、雲が上がって、梢の霧氷が綺麗だ。

*
立岩から荒船山への稜線
荒船山は雲の中

*
霧氷の荒船山(行塚山)山頂

行塚山から艫(とも)岩へは、最初の短い下りが凍っていて少し気を使ったが、後は広くて平らな尾根で、のんびり歩ける。行塚山に着くまでは全く人に会わなかったが、ハイカーと行き合う回数も増える。

相沢への道を分け、避難小屋の屋根が見えると、そのすぐ先が艫岩の大絶壁。話には聞いていたが、実際にその上に立って下を覗き込むと、くらくらするような高度感だ。北側は全く遮るものがなく、噴煙を上げる浅間山、先週登った谷急山と妙義の山々、遠くには上信越国境の白い稜線の眺めが良い。

小屋は地元の方々?が清掃中。居心地良さそうな小屋で、ここに泊るのも良さそうではあるが、小屋のすぐ前にこんな大ジャンプ台があるのでは、宴会が盛り上がり酔っぱらって小屋の表に出たりしたら怖いなぁ、とついつい想像してしまった。

周辺にはベンチもあるので、ここで昼食。ちょっと寒いが、缶ビールをあけ、舞茸と豚小間肉をバターで炒めてつまみ食いしつつ、残りをラーメンの具にする。うまし!しかし、気温が低いとブタンガスでは火力が非力だ。冬用にガソリンコンロ買おうかなぁ。

*
艫岩への道
相沢への分岐

*
艫岩から浅間山遠望

昼食の後は行塚山の下まで戻り、星尾峠へ。あとは下るだけかと思ったが、まだまだ見所が控えていた。田口峠への道を分けると、高岩と立岩の岩峰を見ながら山腹を巻く、表妙義中間道のような感じの道となる。

*
星尾峠からの行塚山

*
高岩(左端)と立岩を見ながら下る

大きな杉木立が現れると威怒牟畿不動への分岐。すぐ奥に東屋があり、その向こうに見事なハング滝が見える。崖下には傾いて崩壊寸前のお堂があり、水は霧吹状になってお堂の手前に落ちている。

さらに車に戻ってザックを下ろし、デジカメ片手に線ヶ滝を見に行く。落差35mの名のごとく一直線に流れ落ちる滝だ。滝壺まで歩道があり、数分で降りることができる。滝壺の下流もすごいゴルジュになっている。素晴らしい。こんなところがあったとは、これからも西上州なかなか楽しめそうです。

*
威怒牟畿不動にかかる滝

*
線ヶ滝の滝壺


あにねこ登山日誌 © 2004 anineco.org