諏訪山

2003年10月19日(日)
天気:
メンバー:T
行程:登山口 8:15 …湯ノ沢ノ頭 9:30 …ヤツウチグラ 10:35 …諏訪山(1549m) 11:10 …登山口

神流川流域の山に登るのは実はこれが初めてである。新町、万場とドライブして、中里村に入ると、叶山が山頂部を石灰採掘ですっぱりと失っても頭上にのしかかるように聳えている。削られる前に登りたかった…。楢原で国道から林道に入るとシビックでは下をこすりそうな道になる。

林道終点の登山口には修験道の道場(使われているのか?)がある。谷の中はまだ日影でひんやりとする。もう、冬の雰囲気。ちょっと荒れ気味に山腹をジグザグに上がり稜線にでる。尾根に出てもピークはだいたい巻いてアップダウンの少ない道が続く。展望はほとんどない。湯ノ沢ノ頭で浜平からの道を合わせ、尾根の右側を巻く道が続く。

*
楢原林道終点のお堂

*
浜平への分岐

梯子(というか脚立)を立てかけた岩場を越え、岩峰をひとつ回り込むとヤツウチグラの岩根が眼前にドーンと現れる。岸壁の下を通って回り込むように頂上に立つ。ここは360度の大展望である。東に天丸山の△なピーク、両神山、二子山、神流川左岸の山々、関東平野も霞んで見える。妙義山、浅間山、よく知らない長野県境の山々の向うには八ヶ岳が連なる。

*
ヤツウチグラから浅間山遠望

*
諏訪山山頂

ヤツウチグラに対して、諏訪山は樹林の中のしずーかな頂き。往路を登山口に戻り、国民宿舎やまびこ荘に立ち寄ってひと風呂浴びる(600円)。新しくてきれいだな、と思ったら、最近、皇太子殿下がいらしたことがあるそうで。納得。


あにねこ登山日誌 © 2004 anineco.org