五葉山

2003年9月6日(土)
天気:
メンバー:T
行程:赤坂峠 9:50 …畳石 10:30 …石楠花荘 11:20 …五葉山三角点(1341m) 11:40 …赤坂峠 13:25

朝、起きると、夜半に雨が降ったようで路面は濡れているが、今は降っていない。空には低く雲が垂れ込めているが、折角なので五葉山を目指すことにする。

釜石からしばらく海沿いに車を走らせ、山に入って登山口の赤坂峠へ。一時、陽がさして青空も見える。海から目指す山、いいですなー。あまり急な登りもなく、峠に到着。ガスっている(;_;)。さっきの青空は何処へ。峠にはWCや広い駐車場があり、10台ほどの車がある。

*
赤坂峠登山口

*
畳石

鳥居のある登山口を通って、低い灌木(たぶんツツジ)の緩い尾根を登る。左手、谷間に集落を見るが、あとはガスの中。ゆるゆる登る。砂礫地の開けた賽の河原を通り、暗〜くて気味の悪いカラマツ林を抜けると、湿った草地のある畳石に到着。その名の通り、長方形の大きな石が転がっている。ここにも鳥居。ベンチもある。

ここからミズナラとササの少し急な登りとなる。やがて傾斜が緩まると、とっても立派な石楠花荘に到着。小屋の前にはベンチや水場(尾根の上なのにバンバン流れていて不思議)がある。

ちょっと先に行くと、だだっぴろい頂上稜線上に石垣に囲まれた日枝神社がある。まわりは平坦な尾根で這松もポツポツあって高山的。風が強く、ガスで半径30m くらいしか見えない。平らな道を進むとコンクリの立ち木の形の標識がガスの中から現れて、これが三角点のある山頂。実は最高点はもう少し先だったと、後で知った。10mほど高いらしい。まーいいか。とても風が強くて1300m級の山とは思えない環境。そそくさと退却して、石楠花荘の前でパンを食べて下山する。

*
石楠花荘

*
五葉山三角点

帰りは赤坂峠から北に下って、五葉で温もった後、建設中のダムを見て(めずらしい)、これにて東北シリーズ終了。気仙沼を経由して長い東北道の家路についた。


あにねこ登山日誌 © 2004 anineco.org