黒姫山

2003年7月5日(土)
天気:
メンバー:T
行程:登山口 7:50 …黒姫山(2053m) 10:35 …登山口 14:45

梅雨の晴れ間を狙って、一番晴れそうな長野までやってきました。桐生を午前3時半に出発。上信道を信濃町ICで降り、鳥居川に沿って戸隠高原に向かう。

黒姫山登山口に車を停めて、林の中をゆるゆると登る。古池は大きな池で、黒姫山が見えるが上の方はガスの中。池の周辺には草原があって、結構花が咲いている。高妻山、戸隠の眺めも良い。ここから新道分岐にかけては根曲竹の竹細工用採取地ということで、竹の子取り禁止の看板が目につく。

新道分岐から少しずつ急な登りになり、ダケカンバやササ原が現れると稜線は近い。しらたま平からは御巣鷹山や、火打山、焼山、雨飾山、高妻山が見える。残念ながら古池や野尻湖は雲の下。でもまあ、これだけ展望があれば満足。

*
黒姫山登山口

*
しらたま平付近の稜線から
雨飾山(左)、焼山、火打山

頂上から稜線を北へ。鬱蒼としたコメツガ林の中を行き、黒姫乗越から火口原に入る。ここも樹林だが、突然開けると短いササ原の中に七ツ池。さらに進むと峰ノ大池。水面に逆さに写る黒姫山の稜線が素晴らしい。ここで昼食にする。

*
黒姫山山頂への登り

*
峰ノ大池

大池からの下りは大きな石がゴロゴロで歩きにくいが、西登山口からは平な巻き道で快適な散歩道。大ダルミは今日一番花が多かった。カラマツ林を下って大橋へ。帰りは苗名の湯(450円)でひと風呂浴びて帰桐した。


あにねこ登山日誌 © 2004 anineco.org