岩殿山・源次郎岳

2002年12月31日(火)〜2003年1月1日(水)
メンバー:S,S,T

2002〜2003の正月旅行は山梨・嵯峨塩温泉へ。初日に岩殿山に立ち寄り、元日に源次郎岳に登ってきました。

12月31日
天気:
行程:高月橋 …岩殿山(634m)(往復)

当初、大峠から雁ガ腹摺山に登ろうとしたが、大峠への道が冬季通行止。中央道から良く見えて兼ねてから気になっていた岩殿山に登ることにする。

高月橋手前の市民会館の駐車場に車を置いて出発。高月橋を渡って左手にも登山者用の駐車場がある。登山道は公園の様に整備されている。頂上直下の鏡岩を見上げながら急登。頂上には昔、城があったくらいだから広いかと思ったら、意外と細長く狭い。南大菩薩の峰々を眺めながら昼食ととる。大月市街や中央道、富士山が一望。往路を戻って、嵯峨塩温泉に向った。

*
岩殿山頂上の東屋

*
岩殿山の登山道は急だ

1月1日
天気:
行程:嵯峨塩温泉 …源次郎岳(1477m)(往復)

嵯峨塩温泉から車道を少し上がった林道の入口に車を置き、凍った林道をしばらく歩く。稜線に近づいたところに源次郎岳への道標があり、尾根上の山道にはいる。ここには嵯峨塩温泉への道標もあったので、直接のルートがあるようだ。ただし、ちゃんとした道かどうかは不明。

緩い尾根を北上すると、最高点に着く。ここからアップ・ダウンの多い尾根になる。猟銃を持ったハンターに行き合う。猪を追っているそうだ。S&Sはここでギブアップ。私だけ源次郎岳を目指す。小Pを2つ3つ越えて、まだ下るなー、と思っていると下った先に源次郎岳山頂の標識を発見。うーむ、へんな山である。ここから恩若ノ峰への道は藪尾根っぽいが、雪のある時期ならば面白そうだ。往路を嵯峨塩温泉へ戻った。

*
源次郎岳への尾根道

*
下って頂上?に到着


あにねこ登山日誌 © 2004 anineco.org