守門岳

2002年10月19日(土)
天気:
メンバー:M,K,T
行程:保久礼小屋 8:30 …大岳 10:30 …袴岳(1537m) 11:40〜13:40 …大岳 14:40 …保久礼小屋 15:50

M氏、K氏とのトリオ登山第4弾。大間々を5時、M氏の4WDで出発。関越道を小出ICで降りて保久礼(ほっきゅうれ)を目指す。保久礼小屋の手前200mまで車で入ることができ、広くて新しい駐車場がある。小屋はコンクリートの外壁がちょっと痛んでいる感じ。中の床もコンクリ。無雪期に泊るのなら保久礼小屋の前の広場にテントを張るのが吉かも知れない。水場やWCもある。

階段のついた赤土の道を登るとキビタキ清水があり、そのすぐ上にキビタキ小屋がある。中は泊れそうな雰囲気だが、玄関の戸がない。このあたりブナ林の黄葉と紅葉がきれいで気分が落ち着く。だんだん周囲の木の丈が低くなり展望台に着く。緩い登りになり見晴らしが効くようになると不動平。不動明王が祭られている。ここから大岳へは楽な道だ。

大岳の頂上は小広い。少し袴岳に進んだ所からの眺めが良い。また、北面の紅葉も素晴らしい。烏帽子岳も見える。ここから見る袴岳はちょっと遠く見えて、MさんとKさんは不安そう。しかし、歩いてみれば紅葉も見事で楽しく歩ける。ぐっと下った網張の鞍部には吉ヶ平への道標があるが、ほとんど廃道っぽい。ぐっと登り返して二口平からの道を合わせ、青雲の枯れた草原の中の木道を歩く。この辺りは2年前にも来たところ。

*
不動平から大岳への登り

*
青雲から袴岳

袴岳頂上に着くと登山者で賑わっていた。ガスで展望なしだが全然問題なし。コンビニで買い込んだビール、ワイン、日本酒、すき焼 etc で大宴会。気が付くといつの間にか頂上から人がいなくなっていて、2時間が経過していた(^_^;)。往路を戻り、守門でひと風呂浴びて帰った。


あにねこ登山日誌 © 2004 anineco.org