白砂山

2001年7月14日(土)
天気:
メンバー:T
行程:登山口 7:30 …地蔵峠 8:05 …水場 8:50〜9:00 …堂岩山 9:20 …白砂山(2140m) 10:05〜10:40 …堂岩山 11:30 …水場 11:45〜11:55 …地蔵峠 12:30 …登山口

久しぶりに山に出かけた。桐生から車で3時間ほどで野反湖へ。とても涼しい。避暑にうってつけの場所だ。登山口の駐車スペースは5台ほどで狭いが、ちょっと先には広い駐車場があるので、こちらに置くのが良いだろう。登山口への距離もたいしてない。

登山口から皇太子殿下の登山記念碑を見て歩き始める。一度下って沢を渡る。森林がみずみずしい。地蔵峠からは思いの外ゆるゆるの登降。途中の水場の沢は登山道からすぐで、とっても冷たい水がばんばん流れている。水場への入口にはテントも2張くらい張れそう。ここからちょっと急な登りになり、堂岩山に着く。少し下ったところが八間山への分岐。

白砂山へは草原とハイマツの割と鋭い尾根で、地滑りのため?二重山稜のようになっている所がある。眺めも良い。南面はかなりの急斜面で、北面には険しい沢が食い込んでいる。豪雪の山らしい景観だ。Λ形に見える白砂山の最後の登りを詰めて山頂へ。

山頂には4,5組の登山者がいた。佐武流山が見える他は残念ながらガスの中。山頂から東への尾根は緩い草原で、そこはかとなく踏み跡がついている。少し辿ってみたが、三国境から佐武流山方面へはものすごい藪だ。

帰りは天気が怪しくなってきたので、サクッと往路を戻る。野反湖湖畔の食堂でそばを食べて、花敷の花敷ノ湯(500円)でひと風呂あびて帰った。


あにねこ登山日誌 © 2004 anineco.org